国家人権委員会とは?

国家人権委員会とは?

−韓国「国家人権委員会」常任委員 ジョンガンジャ(鄭康子)−

2007年12月12日 掲載
2008年1月28日 更新

 2007年11月30日夜、弁護士会館12階に於いて、東京弁護士会「外国人の権利に関する委員会」主催で、韓国の「差別禁止法案」についての講演(韓国・ジョンガンジャ氏)とシンポジウム「韓国差別禁止法に学ぶ」(ジョンガンジャ氏、山崎公士新潟大学教授、大田原俊輔弁護士−鳥取弁護士会−)が行われました(私は、一部しか参加できませんでした)。

 また、同趣旨の内容で、12月4日に日弁連独立人権WG(政府から独立した人権救済機関の設立に関するワーキンググループ、座長 藤原精吾弁護士−兵庫)においてもレクチャーして頂きました。
 大変参考になると思いますので、12月4日のレクチャーの資料(23頁)を掲載致します。
  →資料はこちらから http://yoshimine.main.jp/kankoku%20kokkajinkeniinkai.pdf

 日本が「人種差別撤廃条約」に加入して11年も経ちますが、国内の差別禁止法の整備は全く進んでいません。
 これで良いのでしょうか?

 なお、日弁連独立人権WGで作成した「日弁連の提案する国内人権機関の制度要綱(案)」(12頁)についても参考までに資料として掲載しましたが、日弁連内部の手続が終了していませんので、掲載を中止します。内部の諸手続が終了したら、直ちに掲載します。
  

 
CMSならドリーマASP