ドキュメンタリー映画『カルラのリスト』のご案内

 
ドキュメンタリー映画

『カルラのリスト』

20071109212624.jpg

ドキュメンタリー映画『カルラのリスト』が、2007年11月10日から、東京都写真美術館にて上映されています。

この映画は、旧ユーゴ国際刑事法廷(ICYT)の国連検察官に1999年より任命された、カルラ・デル・ポンテの闘いを追ったドキュメンタリーです。

1990年代、「民族浄化」と呼ばれた虐殺や性暴力が行われた旧ユーゴ紛争。その旧ユーゴ紛争での残虐行為の責任者を処罰するため、国連がオランダのハーグに設置したのが、旧ユーゴスラビア国際刑事法廷(ICTY)です。

同様に、ルワンダにおける大量虐殺の責任者を訴追するための国際刑事法廷をICTRといいます。

ICTYやICTR等の紛争が限定された国際法廷を発展させ、より普遍性を持たせるために、2002年に世界で初めて常設の国際刑事裁判所(ICC)が設立されました。

日本も、2007年10月に、重大な人権侵害の責任者を裁く、この国際刑事裁判所(ICC)規程に加入しましました。しかしながら、日本国内ではまだまだ、これらの国際的な刑事裁判について知られているとは言えません。

国際的な刑事裁判や刑事弁護の舞台裏で何が行われているか、そしてその意義について、是非この映画を通して、皆さんに考えていただきたいと思います。

日弁連国際人権問題委員会もこの映画を下記のとおり推薦しています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ドキュメンタリー映画「カルラのリスト」を、国際人権問題委員会幹事新倉修会員(青山学院大学教授)の下記提案により、日弁連国際人権問題委員会(委員長鈴木五十三)として推薦します。

〈提案の理由〉
1.日弁連は、これまで、重大な国際犯罪を処罰する国際刑事裁判所の設立を歓迎し、我が国がいち早くこれに加入することを求めてきたところ、このほど、日本政府は加入書を国際連合本部に寄託し、これによって2007年10月1日に国際刑事裁判所設立条約が日本について発効することになった。しかし、国内での関心は必ずしも高いとは言えず、国際刑事裁判所への関心をいっそう高めて、日本政府の積極的な関与を引き続き求めつつ、将来において、国際刑事裁判所で活躍する弁護士などを多数輩出して、その活動を支援するなどの多面的な活動が必要とされている。

2.ところが、現在、国際刑事裁判所には4件の「事態」が捜査の対象とされているものの、具体的な活動は必ずしも明らかではなく、国民の関心を喚起するためには、一段と工夫を要するところである。その意味で、国際刑事裁判所に先行する国際的な刑事裁判所のひとつである、旧ユーゴスラビアに関する国際刑事法廷(International Tribunal for former Yufoslavia 以下ICYTと称する。)は、ルワンダに関する国際刑事法廷と並んで、人道に対する罪やジェノサイドなどの被告事件について数多くの実績をつくっており、その活動を知らせることは、国際的な刑事裁判や刑事弁護に対する国民の関心を高めるためるために格好の素材を提供するものと言うことができる。

3.ドキュメンタリー映画「カルラのリスト」(原題 Carla's List)は、スイスの映画製作者の作品であるが、ICYTの検察官であるカルラ・デル・ポンテと検察局が旧ユーゴスラビアにおける人道に対する罪やジェノサイドを追及する姿を描写し、とりわけスレプレニツァの虐殺という悲劇に焦点を当てて、過去に撮影が許可されることのなかったICYTの舞台裏までも克明に紹介すると同時に、旧ユーゴ戦犯を追跡する検察官デル・ポンテの実像とその活動を期待するスレプレニツァの遺族たちの姿を描いた作品である。比較的地味な映画作品であるが、日弁連の推薦によって会員およびその周辺の人びとに広く鑑賞の機会を促し、もって国際的な刑事裁判と刑事弁護に対する関心を啓発することに資する。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

公式HP→http://www.uplink.co.jp/carla/index2.php より以下劇場情報を掲載します。

11月10日(土)〜11月30日(金)
 10:30 / 12:40 / 14:50 / 17:00 / 19:00 各回定員入替制

特別鑑賞券 ¥1,500(税込)
劇場窓口、都内プレイガイドにて発売
当日料金:一般¥1,800(税込)/学生¥1,500(税込)/小・中・シニア¥1,000(税込)

月曜日休映(2007年11月12日,11月19日,11月26日は休映です)

次の方は当日料金が割引になります。
○東京都写真美術館で開催する写真展半券持参の方
○東京都写真美術館友の会会員の方
○三越カード、アトレカード持参の方

〒153-0062 東京都目黒区三田一丁目13番3号恵比寿ガーデンプレイス内
東京都写真美術館ホール TEL 03-3280-0099


20071120203449.jpg

 
CMSならドリーマASP