明日、公示の東京都議選は、どうなるか?私の住む千代田区(一人区)は、どうなるか?

明日、公示の東京都議選は、どうなるか?
私の住む千代田区(一人区)は、どうなるか?



 私の『勘』では、自民党・公明党が敗北するだろう。民主党は、伸びるが、どこまでか?共産党は13議席から、厳しい雇用情勢のなか伸びるか? 12年前の都議選では26議席だったのに…。

 さて、千代田区だが、どうなるだろうか?
 共産党牛尾耕二郎さん(37才)は、独自の闘いをしている。
 自民党の大ベテラン内田 茂さん(70才、都幹事長、自民党)は、「無風区が一変して激戦区」(朝日新聞)、「一人区(7箇所)で、皆 民主党が勝つとの世論調査ある。」(読売新聞)との情報に、組織選挙を、いつものとおり、取り組んでいるようだ。

2009070211482925364.jpg
向かって左が下田武夫さん、右は栗下善行(くりしたぜんこう)さん
2009年6月26日事務所開きにて


 栗下善行(くりしたぜんこう)さん(26才、会社員、民主党)は、下田武夫さん(前千代田区議)などの推薦で立候補した。下田武夫さんは、大企業本位・開発優先の石川区政に反対して2009年2月1日区長選挙に立候補し、『市民』の『目線』『生活』を重視し、7251票の支持を集め善戦しました。栗下善行さんは、親の反対にもかかわらず、高校卒業後、テネシー州立大学に入学し、5年間で卒業し、米国IT企業に入社した。素晴らしい、しっかりした、明るい若者です。妻はテネシー州立大学の同窓生。『常に住民の目線での都政』『住む人にも働く人にもやさしい「まちづくり」』『お年寄りや子供達がいきいきと暮らせる社会へ』に取り組むのが、『新世代の責任』と言う。彼の行動力はスゴイ!! 彼や運動員は、私から買った『イエローリボン・バッチ』(障害者の権利条約を記念してJDF−日本障害フォーラム−が作成、日本は条約を未批准!)を着けている。私は、このことを知って涙が出るほど嬉しかった!! JDF、障害者の権利条約については、こちらの記事もご覧下さい。
『みんなちがって、みんな一緒!障害者権利条約』(2008年5月3日)が、日本障害フォーラム・JDF(Japan Disability Forum)から発行されました!! 
「障害者の権利条約の発効を祝う会」に参加しました!私の人生を変えるような、素晴らしい出会いが沢山ありました!


 明日の公示日には、鳩山由紀夫代表が『出陣式』(午前11時から、岩本町で)に入ってくる! 代表は、時間をかけてじっくり参加される。NHKは、カメラ三台を用意する。ニュースなどで全国放映されるかも。代表は、私と話す時には、必ず『ひざをついて座る』か『中腰』になる。こうすると、車イスの私と代表との『目線』の高さが同じになるからだ。
 あと10日間で、様々なドラマを生み出すだろう。

 
CMSならドリーマASP